富士山酸素ナノバブル健康水は

世界文化遺産・富士山の天然水を原水に、国立研究開発法人産業技術総合研究所の共同研究により、世界で初めて酸素をナノバブルの気泡として安定化させることに成功した技術とのコラボレーションにより生まれたバナジウムと超微小酸素気泡が含有された健康水です。



医学界でも注目を浴びている酸素ナノバブルで毎日の健康習慣

酸素ナノバブルは、国立研究開発法人産業技術総合研究所の共同研究により開発された、直径1μm以下の長期安定型超微小酸素含有気泡です。優れた浸透性を始めとする様々な機能が認められており、特に医療分野での応用が期待されています。